推薦者の声

推薦者の声Recommender

融資にブレーキがかかった今「どう投資するか」よりも「どう上手く賃貸経営ができるか」が問われてきます。
税理士 大家 渡邊浩滋

私が加藤隆さんと親しくさせて頂いたのは5年くらい前からですが、
実は私が賃貸経営を始めた10年前に、加藤さんのセミナーや本で学んでいました。
当時から加藤さんのセミナーは実体験に基づいた経験談で、
「惜しげもなく失敗談を語ってくれている」ものでした。

これから賃貸経営を始める人にとっては、こんなにありがたいことはない、
と実感しています。
昨今の不動産投資ブームで、どう上手く投資したかが、もてはやされてきていました。 一種の投資ゲームのようなものになっているのではないかと危惧することもありました。

しかし、不動産への融資にブレーキがかかった今「どう投資するか」よりも
「どう上手く賃貸経営ができるか」が問われてきます。

加藤さんは、数多くの失敗をされています。
しかし、それでも賃貸経営で生き残ってきた方です。

「どうすれば失敗しないか」「失敗してもリカバリーできるか」
その知恵を学べることは、これから不動産投資をする人にとって財産になることは
間違いありません。

【プロフィール】
大学在学中に司法書士試験に合格。大学卒業後総合商社に入社。法務部にて契約管理、担保管理、債権回収などを担当。商社を退職後、税理士試験に合格。 その頃、実家のアパート経営(5棟、全86室)が危機的状況であることが発覚。 経営を立て直すために自ら経営を引き継ぎ、危機的状況から脱出する。 資産税専門の税理士法人に勤務した後、2011年12月、独立開業。 税理士の視点と大家の視点からアパート経営を支援するために活動し、税理士・司法書士のワンストップサービスを提供している。 2011年、「行動する大家さんの会」を設立。2013年、「一般社団法人 大家さんの道しるべ」代表理事就任。 資格専門学校の講師、賃貸住宅フェアでの講演、セミナー講師等、幅広い分野で活躍中。 2017年からは日本全国の大家さんを救うべく、フランチャイズ展開を開始。同じ志を持つ税理士を求めている。

加藤さんはとにかく経験値が半端なく、なんでもご存知です。
6億円不動産投資家 星野陽子

「誕生日に訴状が届いたんですよ」
汗を拭いながら、加藤隆さんはおっしゃいました。

でもなぜか少し嬉しそう?(笑)

加藤隆さんは驚くほど様々なトラブルを経験されています。
その理由の一つには投資歴が長いということがあります。
バブル前から不動産投資を始められて、バブル崩壊も経験されています。

加藤さんが教えてくださる不動産投資におけるトラブルや失敗は貴重な情報です。
知識があれば、それらを避けたり、心の準備をしたりすることができるからです。

加藤さんはとにかく経験値が半端ないのですが、
様々な資格もお持ちでなんでもご存知です。

失敗も含めて不動産投資について余すところなく教えてくださる
貴重な機会かと思います。ぜひお話を聞いてみてください。

【プロフィール】
特許翻訳者。ユダヤ人富豪の義父に学び、自らも6億円の不動産資産を築いた不動産投資家という顔も持つ。

東京都出身。外資系メーカー、シティバンク勤務を経て、イスラエル国籍のユダヤ人と結婚。子ども二人に恵まれるも離婚。在宅で翻訳の仕事をフリーランスとしてしながら、シングルマザーとして子ども達を育てた。東欧からの移民の子で、14歳から働き、資産ゼロから財産を築いたユダヤ人の義父からは不動産投資を学び、投資物件(6億円)などの資産を築いた。著書に『ユダヤ人と結婚して20年後にわかった金銀銅の法則50』『ユダヤ人大富豪に学ぶ お金持ちの習慣』『貧困OLから資産6億をつかんだ金持ち母さんの方法』がある。

リスクを軽減させて困難を乗り越える方法を身をもってお話されます。
著名投資家 JACK

加藤さんはサラリーマンでありながら、長年、不動産投資を実践してきて
成功をおさめた方であります。

もちろん、時には様々な困難や投資がうまくいかなくなったことも
多々あるところです。

そのあたりをどのように乗り切り、
どのようにリスクを軽減させることができるのかも身をもってお話をされます。

不動産投資初心者からセミプロの方まで、参考になることは多々あると思います。

いずれにいたしましても、30年間の経験を今回のセミナーやスクールで全てお話を聞けるのは非常に嬉しい限りであり、私自身も楽しみにしております。

特にこれからの不動産投資戦略を加藤さん自身をどのように考えているのか、また、どのような手法がいいのかというあたりも今から、非常に期待しているところであります。

【プロフィール】
株式投資やFX投資で資産1億円に到達したサラリーマン投資家。100以上の証券会社に口座を持つ。 その独特な投資法と驚異的な成功例で注目を浴び、経済誌・マネー雑誌の取材を受けることもたびたび。 貴重な体験を活かし、セミナー講師としても活躍中。現在は不動産投資に積極参戦!

加藤さんは“スーパーサラリーマン大家さん”です。
年金大家会主宰 大長伸吉

加藤さんは“スーパーサラリーマン大家さん”です。

所有物件のバリエーションが多く、そして賃貸オーナーの経験がとても豊富です。
普通の大家さんでは滅多に体験をすることがないトラブルを数多く克服しています。

加藤さんとは10年ほど前に新聞社やハウスメーカーなどの不動産セミナーでも講師としてよく顔を合わせるようになり、私たちの運営している勉強会でこれまでに2時間ほどの講演を5回おこなってもらっています。 そして、セミナー実績も数十回、いや100回を超えているのではないかと思います。

賃貸経営の経歴としては、30年以上も前から始められて、
バブル崩壊の時期を無事に乗り越えている方です。

所有物件は、首都圏、大都市物件、地方都市物件と各エリアに所有し、多種多様物件であるため、実体験から良い物件と悪い物件の見分ける方法を伝えてくれます。

経験をした本人だからこそ、感じられた生の声を聴くことができる機会は貴重です。

サブリース(家賃保証制度)問題についても、各種の経験があり、
その人だからこそわかる利点と欠点を話してもらえます。

そして、不動産売買契約実績や賃貸借契約実績も数多くあり、その中で起きるトラブルやその対処法も身に着けられています。

さらに、物件を多く所有するためには、銀行からの資金の融資も必要ですが、ここまでに融資実績も数多くあり、加藤さんならではの対処法もこれから収益物件を取得しようとしている人にとってためになる話をしてくれることでしょう。

一般の大家では体験することのない管理トラブルを克服し、
大家の税金対策を持っています。
成功も、失敗も実体験のある本人から聞くことが一番効率的です。

一般の大家さんには、体験しないこと、経験する必要がないことを克服し、今後同じようなトラブルが起きないよう提言をしてくれる加藤さんの話しを聞くことは価値があることです。

また、不良不動産を購入しないこと、甘い銀行融資にのらないこと、不動産売買契約の落とし穴については、これから不動産を取得しようとしている方は、事前に聞いておいたほうが良い言葉と教訓を聞くことができます。

【プロフィール】
ランガルハウス株式会社 代表。年金大家会 主宰。
現在、マイホームの無駄をなくす、賃貸併用住宅の良さを世の中に伝えている。静岡東高校卒、千葉大学工学部卒、千葉大学大学院工学研究科卒、コニカ株式会社入社、コニカミノルタ株式会社退社。新築及び中古1Rマンション、中古アパート、世田谷/北関東/多摩新築アパートなど各種の不動産賃貸業の経験をもとに、主にサラリーマンのアパート経営の支援。建築サポート実績122棟。通算2010人の聴講者と2360回を超える相談会にてサポートを継続中。